読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

砂上の楼閣

ポケモン関係の事書きます・。・

【シーズン16最高2102最終2005達成バンドリュ構築 ~吹き荒ぶ砂嵐の果て~ 】

 

始めましての方は始めまして、シオンと申します。

シーズン16お疲れ様でした。

今期もかなり多くレートに潜ったので当たった方も多いと思います、対戦ありがとうございました。

今期で初めてバンドリで2100に乗れたので記事にさせていただきました。

 

1.使用構築

f:id:sion-poke:20160715192116p:plain

(前期と同じなんて言葉はないしょ)

今回も前期と同じく鉄壁ドリュを使い、前期での反省を踏まえた型に変更しました。

 

2.個体紹介

 

f:id:sion-poke:20160517195711g:plain

バンギラス@さらさら岩 (砂起こし)

能転気:183(60)-162(60)-161(132)-116(4)-108-113(252)

岩石封じ 馬鹿力 冷凍ビーム ステルスロック

調整はこちらからパクリました。

【第二回真皇杯本戦3位】 双龍革命バンドリ

 

ドリュウズの片割れ、ドリュウズの全抜きのサポート役。

ドリュのサポートのために岩封ステロ、ランドガブへの打点に鬼火威嚇が関係ない冷凍

ビーム、ガルーラへの打点に馬鹿力を入れた。

特に冷凍ビームはドリュがアイへを切っていたこともあり、非常に重宝した。

 

前期とは違い吠えるを切ったが、もともと並びが害悪系に強かったので特に支障はきた

さなかった。

何度か襷ガブで負けた試合があったので、ガルガブ対面では絶対に岩封ステロのスタンスを崩してはいけない。

                                                                                                                                                                               

 

 f:id:sion-poke:20160517205059g:plain

ドリュウズ@弱点保険 (砂かき)

※調整はとーあ氏より頂きましたが、公開の許可を頂いてないので載せていません。

地震 岩雪崩 剣の舞 鉄壁

 

バンドリを対面厨パに通すための最強の駒。

鉄壁弱保の強さは言うまでも無く、三タテも多かった。

またバンドリュ特有の選出誘導の高さのおかげで相手の選出が読みやすくなり、裏軸の

勝率も上がった。

しかし、アイへを切っているため、相手のPTにランドサザンがいたら選出を控えるのが吉。

※厨パに強いからと言って選出段階で思考停止で出してはいけない。いかなる時もバン

ドリを通すのか裏軸でいくのかを良く考えて選出すること。

                                                                                                                                                                               

 

f:id:sion-poke:20160517211849g:plain

ボーマンダ@メガストーン (威嚇→スカイスキン

意地っ張り:【メガ前】191(164)-188(124)-101(4)-×-113(100)-135(116)

     :【メガ後】191-199-151-×-123-155

恩返し 龍の舞 羽休め 身代わり

 

バンドリュ最高のメガ枠。メガ枠且つ地闘の一貫を切ることができる。

前期とは違い、意地恩返しで採用した。これによって反動を気にせず攻撃が可能になっ

た。

慎重一舞マンダの捨て身の火力指数が58500に対し、意地一舞恩返しの火力指数

は59272で、微々たる差だが捨て身より火力が高い。

しかし、その代償として耐久が下がってしまうため、慎重マンダと意地マンダは好みに

合わせた方を使うといいと思われる。

Sは準速スカガブ抜き、耐久は球バシャのめざ氷を確定耐えと最低限のSと耐久を確保し

た。陽気スカガブは土下座。

選出率は90%を超えた。

                                                                                                                                                                               

 

f:id:sion-poke:20160517214119g:plain

ジバコイル@拘り眼鏡 (アナライズ)

控えめ:175(236)-×-135-200(252)-111(4)-82(12) 余り4

十万ボルト ボルトチェンジ ラスターカノン 目覚めるパワー(氷)

 

マンダと合わせる裏軸の潤滑剤。 

選出誘導から役割まできっちり遂行してくれる神ポケ。

このPTではバンドリュ非選出の際、レボルトが激重だと気づいたのでめざ氷。

バンドリュの天敵であるミトムサーナイトジャローダを屠ってきた。

ボルト受けでも合ったのだが、1900台後半から急に気合球化身ボルトが増え、受けが成

立しなくなったのでチョッキでの採用も検討したのだが、ポリゴン2が倒せない事が判

明したため眼鏡で続投。ボールが当たったらほぼ負けなので、そこらへんが気になる方

はチョッキジバコを採用した方がいいです。Sは4振り60属抜き(ニンフィアなど)。

よくランド対面でボルトチェンジを打ってた。

                                                                                                                                                                               

 

f:id:sion-poke:20160517223647g:plain

キノガッサ@拘りスカーフ (テクニシャン)

陽気:135-182(252)-101(4)-×-80-134(252)

馬鹿力 マッハパンチ 種マシンガン 岩石封じ

 

バンドリュの草枠。カバミトムに勝てる駒。

今期の序盤は意地スカーフを使っていたのだが、鉄壁ドリュには陽気ガッサの方が良い

という話を聞いたので、130属を一だけ上回る陽気スカーフにした。

その結果、選出段階で重いゲッコウガを上から叩け、マニューラの礫を受けず、先制

マッパで倒すという素晴らしい働きをしてくれた。

火力は下がってしまったが、確かに陽気スカーフの方が強かった。

種ガン連続二回は事故。

                                                                                                                                                                               

 

f:id:sion-poke:20160517220401g:plain

スイクンゴツゴツメット (プレッシャー)

図太い:207(252)-x-183(252)-111(4)-135-105

熱湯 冷凍ビーム リフレクター 眠る

 

マンダジバコと相性のいい裏軸のゴツメ枠。

メガバシャのとび膝を二回耐える確立を上げるためにHB。

基本的にマンダで威嚇を撒いてから出していた。

この構築はメガクチートが重いため、熱湯リフレク熱湯の動きでクチートを後続圏内に

入れられるこの枠は非常に助かった。

眠るは回復技というより、状態異常の回復やクレセなどへのTODのために入れたため、

無闇に乱発してはいけない。

                                                                                                                                                                               

 

 

3.戦績

最高レート:2102 

f:id:sion-poke:20160730002333j:plain

最終レート:2005

 f:id:sion-poke:20160721211633j:plain

 使用ROM:シオン

最高レートと最終レートが100ぐらい離れてるって?仕様です。

一応2000台から一回も負けずに2100に行ったのでPTのポテンシャルはあります。

今期は1700~1800台で200戦~300戦して内心諦めてました。

でもガッサとマンダの型を変えただけでするするレートが上がったので、やっぱり環境

によって型を変えるべきだと思いました。

 

4.雑感

(ⅰ)重いポケモン

1.メタグロス・・・バンドリ選出しないとスイクンのリフレクからのジバコ十万でしか倒せない。裏にバンドリが通ってることを祈りましょう。

2.グライオン・・・特殊マンダを使ってないが故の結果。一応恩返しからの種ガンで処理してた。

3.クチート・・・裏軸にブッ刺さりなポケモン。トリルされたら終了なので初手ジバコでポリ2クレセのトリルを阻止すべき。

4.ヘラクロス・・・クチートと同じくトリルエースだが、こっちは冗談抜きに全抜きされる。ただ大体初手ヘラなので初手マンダでうまく釣り出そう。

 

(ⅱ)重い構築

トリル構築、サザングロス、ギャラ入り積みサイクル

 

(ⅲ)立ち回り

1.vs厨パ  バンドリマンダor裏から三体

初手でステロを撒いてガブガル対面で鉄壁

2.vs受けル マンダジバコガッサ

受けルは人によって選出が違うため、僕が当たってきた中で最も勝率の良い選出であるマンダジバコガッサ。初手はマンダでグライオンだったら守るは読めても龍舞はしない方が吉。

 3.vsトリルヘラorクチ マンダジバコスイクンorキノガッサ

ヘラの場合初手マンダでクレセバック読みジバコで詰めていく。

クチートの場合は初手ジバコで、裏に地面がいたらラスカノ、半減でも電気が通っていたらボルチェンでスイクンに回してゴツメで倒す。

どちらも絶対にエースを残させてトリルされてはならない。

 

他にも選出を書きたいがここには収まりきらないため、質問がある場合はTwitterのリプorDMを下されば答えます。

 

5.まとめ

この記事を見てくださりありがとうございました。

ブログタイトルの如く砂パで結果を出せて本当に嬉しかったです。

シーズン17で第六世代のレートが終了という噂もありますが、最後のシーズンにこの記事を見て砂パを使ってみたいという方が増えたら幸いです。

最後になりましたが、この構築に至った砂界隈の方々ありがとうございました。

ではまたORASの終りにて。

 

繰り返しになりますが立ち回りなどの質問がありましたらTwitterのリプかDMで気軽にしてもらって構いません。

→ @sion6586