読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

砂上の楼閣

ポケモン関係の事書きます・。・

ギガイアスのすゝめ

S2で始めて使用し、性能に惹かれてしまったため文章に書き起こそうと思いました。

説明が間違っている部分があるかもしれませんが、ご容赦ください。

 

f:id:sion-poke:20170310174332g:plain     

ギガイアスと他の砂要因との比較≫

①種族地による比較

f:id:sion-poke:20170310174048p:plain

※比較のために他の砂要因も載せています

 非常に高いABが目立ちます。特性砂嵐と合わせてDも上がるため特殊耐久も十分にあります。

若干気になるのは砂要因の中でもっともSが低いことでしょうか。

種族地だけを見ても砂要因をギガイアスにすることのメリットはあまり感じられません。

ギガイアスを砂要因に据えるメリットは技とドリュウズの型あります。

 

②技、役割の違い

バンギラス・・・最も高いSを生かし岩封+一回の行動保障、物理耐久を厚くし、イカサマなどによる削り。挑発、電磁波などの補助、冷ビ、放射などの役割破壊技を保持。

岩/悪特有の酷い耐性がネック。

 

カバルドン・・・単地面と優秀な耐久を生かしての欠伸、吠えるなどの補助技を用いてドリュウズの全抜き体制を作る。他の二体より比較的''二回目の砂''を撒くことが可能。

挑発や不意の特殊技での役割破壊がネック(後者は性格をしんちょうなどにすることでカバー可能)

 

ギガイアス・・・単岩タイプであり優秀な退場技「大爆発」を覚える。また重力という変わった技を覚えるため、裏のドリュウズの地面の一貫を作ることが可能。

できる事が限られているため型の判別が容易なことがネック。

 

ギガイアスの強み

 

1.Z技のドリュウズ加入

みなさんも知っての通りに7世代では新要素としてZ技が追加され、それを持ったドリュウズの攻撃は非常に痛烈です。

【例】攻撃極振りドリュのZ地震→B4振りガブに対して97.2%〜115.3%

しかし非常に強力であるからこそZ技を撃つタイミングで浮いてるポケモンなどに引かれてしまったりしてしまいます。

ただし事前にギガイアスが重力を張っていれば地面の一貫が得られます。

レートでギガドリを使っていたところ、初手ギガイアスでステロor重力からの爆発でドリュ圏内にいれ、ドリュのZ技を合わせて二体持っていき、ラス一でマンダを出す動きは非常に強力でした。

.新世代主人公初手ゲッコウガ狩り

バンドリを使っている方々でゲッコウガに悩まされたことのない人はいないと思います。

初手のバンギはけたぐりで処理されてしまい、カバルドンは一発は耐えてくれるが二発めで落とされ、さらに水手裏剣でドリュに致命傷、あわよくば処理してこようとします。

しかしギガイアスはそんなゲッコウガを爆発することで処理できます(暴論)。

バンギ、カバと共に優秀な攻撃技を持っていますが、ゲッコウガを処理することは困難なのでギガイアスの強みと言ってもいいと思います。

また個体数は少ないと思いますが、挑発ゲッコウガの対策にもなります。(他二体ではステロが撒けず処理される可能性がある。)

3.大爆発

A135族から放たれる威力250技が弱いわけがないですね。無理な相手をドリュウズ圏内に入れたり、突破も可能で、砂を無駄に消費させない神技。一発耐えてくれる耐久を有しているため、爆発させやすいのもグット。

 

④最後に

今まで書いてきたこれらは一個人の感想であるため、「ここはどうなのか」等の疑問がはなどもあると思います(申し訳ない)。しかしこれを読んでいただき、少しでもギガイアスを育成してみようと思って頂ければ幸いです。

 

質問等はこちらに→@sion6586

 

【S17使用構築】~砂塵より出でし力の権化~バンドリマンダ【最高2054最終18××】

初めましての方は初めまして、シオンと申します。

シーズン17(最終シーズン)お疲れさまでした!

シーズン終了二日前に昼寝のつもりで午後6時半に寝て、そのまま夕食も食べずに翌日の午前4時半まで寝てた間抜けの構築です()。

 

1.使用構築

f:id:sion-poke:20160715192116p:plain

トレーナーカードジェネレーターが軽くなったら新しいの置きます()。

 

2.個体紹介

f:id:sion-poke:20160517195711g:plain

バンギラス@さらさら岩 (砂起こし)

能転気:183(60)-162(60)-161(132)-116(4)-108-113(252)

岩石封じ 馬鹿力 冷凍ビーム ステルスロック

 

いつもの。技構成にはもう説明の必要はないと思われる。

今季は気合い玉ゲンガーやボルトロスなどが多く、ステロを撒くことができず、かなり厳しかった。

しかし持ち前の火力と耐久で最低限の仕事をきっちり行ってくれた。

バンギは型が変わらなかったため書くことがない()。

                                               

f:id:sion-poke:20160517205059g:plain

ドリュウズ@弱点保険 (砂かき)

意地っ張り:189(28)-200(212)-105(196)-×-86(4)-117(68)

地震 岩雪崩 剣の舞 鉄壁

調整はこちらからパクリました

ORAS環境 結論ドリュウズ

 

 

とーあさんが生み出した弱保ドリュの神調整。

厨パに対する最強の駒。

バンギガブ対面からの岩封ステロでのドリュ出しで一方的なゲームになることもしばしばあった。

しかし、レートが高くなるにつれて弱保ドリュを警戒した立ち回りが多くなり、陽気ガブの急増により前期のような活躍は難しかった。

第7世代でも相棒としてドリュウズを使っていきたい。

                                               

 

f:id:sion-poke:20160517211849g:plain

 ボーマンダ@メガストーン (威嚇→スカイスキン

意地っ張り:【メガ前】189(148)-181(76)-101(4)-×-106(44)-150(236)

     :【メガ後】189-192-151-×-116-170

恩返し 竜の舞 羽休め 身代わり

 

もはやこの構築の主人公と言っても差し支えないメガ枠。

最速スカーフガブが多かったため、最終日3日前に急ぎで育成したボーマンダ

初手に出さずに威嚇を残してガルガブ対面で死に出しして舞って詰めに行く動きが多かった。

前述の通り調整を考える暇がなかったため、適当なブログから調整をとってきた(どこから取ってきたか覚えていない)。確かC92の冷凍ビームが最高乱数以外耐え調整だった気がする。

初めて速いマンダを使ったが、最速スカガブに勝てるようになり、メガしていればグライオン相手に身代わりで起点にできたりと、便利な面が多かった。もう少し早く個体を変えるべきだった。

                                               

f:id:sion-poke:20160517214119g:plain

ジバコイル@突撃チョッキ (アナライズ)

控え目:177(252)-×-135-190(180)-120(76)-80

十万ボルト ボルトチェンジ ラスターカノン 目覚めるパワー(氷)

 

この構築のミスターヤンキーの一人。ヒトムに対して後だししたり、相手の地面対面でひっこめ読みボルチェンなどの沼行為を通してくれる神ポケ。

初手サーナイト読みで初手に出して、チョッキを盾にあらゆるサーナイトも駆逐していった。

ただしガルーラ軸にはめっぽう弱いためボルトがいないなら出さない方がいい。

D耐久はかなりのもので、化身ボルトロスの無補正珠C252振り十万気合い球を最高乱数以外耐える。

荷物になりがちだが、いなければ構築が回らない、そんなポケモン

                                               

f:id:sion-poke:20160517223647g:plain

キノガッサ@拘りスカーフ (テクニシャン)

陽気:135-182(252)-101(4)-×-80-134(252)

馬鹿力 マッハパンチ 種マシンガン 岩石封じ

 

ミスターヤンキーの二人目。1900~2000帯の試合での初手ガルーラ対面で、裏のカババック読み種ガンを押してた()。これが面白いぐらい決まったのでハマってしまった。他にもヤンキープレイして勝ってきたので択の神様だと思ってる。

ゲッコウガより早く、種ガンで倒せるのが一番のポイント。

ただ陽気の弊害としてルカリオをマッパで倒せなかったり、ミトムなどを種ガンで処理できないこともあって悲しかった。

                                               

f:id:sion-poke:20160517220401g:plain

スイクンゴツゴツメット (プレッシャー)

図太い:207(252)-x-183(252)-111(4)-135-105

熱湯 冷凍ビーム リフレクター 眠る

 

安心と信頼の物理受け。前の二人に比べると地味。

しかし、ガルーラやガブリアスの攻撃を受けてくれる唯一無二のポケモンであり、覚える技もクチートに強いため、PTの縁の下の力持ち。

他の砂の民はポリクチ対策に瞑想を仕込む人もいたようだが、僕は汎用性を意識してリフレクと冷Bを入れた。

熱湯リフレクでマンダの起点を作ったりもできたので、信用度は高い。

 

 3.戦績

高レート:2054

最終レート:18××

使用ROM:シオン

弱い(確信)

強い並びを考えられなくて、シーズン終了二日前の夜に10時間寝てた過去の僕を20Mほど助走して殴りつけたい。

4.まとめ

この記事を見てくださりありがとうございました。

最終シーズンにこのような体たらくな結果で非常に恥ずかしいのですが、これも自分の実力として受け止めたいと思います。この構築を長く使ったことで相手の選出がハッキリ分かるようになったため、型と読みを洗練していけばもっと上に行くことができたはずなので、このような結果は本当に悔しいです。

S17でPGLに結果が反映されるレートは終了です。

ORASからガチで潜り始めましたが、様々な人と知り合い、楽しいことも悲しいこともありましたが、これで一区切りが付いたと思います。

これからオンライン大会などが多く開催され、それに僕は出席することもあると思うのでその時はよろしくお願いします。

 

では太陽と月が昇るころに。

→ @sion6586

 

 

【シーズン16最高2102最終2005達成バンドリュ構築 ~吹き荒ぶ砂嵐の果て~ 】

 

始めましての方は始めまして、シオンと申します。

シーズン16お疲れ様でした。

今期もかなり多くレートに潜ったので当たった方も多いと思います、対戦ありがとうございました。

今期で初めてバンドリで2100に乗れたので記事にさせていただきました。

 

1.使用構築

f:id:sion-poke:20160715192116p:plain

(前期と同じなんて言葉はないしょ)

今回も前期と同じく鉄壁ドリュを使い、前期での反省を踏まえた型に変更しました。

 

2.個体紹介

 

f:id:sion-poke:20160517195711g:plain

バンギラス@さらさら岩 (砂起こし)

能転気:183(60)-162(60)-161(132)-116(4)-108-113(252)

岩石封じ 馬鹿力 冷凍ビーム ステルスロック

調整はこちらからパクリました。

【第二回真皇杯本戦3位】 双龍革命バンドリ

 

ドリュウズの片割れ、ドリュウズの全抜きのサポート役。

ドリュのサポートのために岩封ステロ、ランドガブへの打点に鬼火威嚇が関係ない冷凍

ビーム、ガルーラへの打点に馬鹿力を入れた。

特に冷凍ビームはドリュがアイへを切っていたこともあり、非常に重宝した。

 

前期とは違い吠えるを切ったが、もともと並びが害悪系に強かったので特に支障はきた

さなかった。

何度か襷ガブで負けた試合があったので、ガルガブ対面では絶対に岩封ステロのスタンスを崩してはいけない。

                                                                                                                                                                               

 

 f:id:sion-poke:20160517205059g:plain

ドリュウズ@弱点保険 (砂かき)

※調整はとーあ氏より頂きましたが、公開の許可を頂いてないので載せていません。

地震 岩雪崩 剣の舞 鉄壁

 

バンドリを対面厨パに通すための最強の駒。

鉄壁弱保の強さは言うまでも無く、三タテも多かった。

またバンドリュ特有の選出誘導の高さのおかげで相手の選出が読みやすくなり、裏軸の

勝率も上がった。

しかし、アイへを切っているため、相手のPTにランドサザンがいたら選出を控えるのが吉。

※厨パに強いからと言って選出段階で思考停止で出してはいけない。いかなる時もバン

ドリを通すのか裏軸でいくのかを良く考えて選出すること。

                                                                                                                                                                               

 

f:id:sion-poke:20160517211849g:plain

ボーマンダ@メガストーン (威嚇→スカイスキン

意地っ張り:【メガ前】191(164)-188(124)-101(4)-×-113(100)-135(116)

     :【メガ後】191-199-151-×-123-155

恩返し 龍の舞 羽休め 身代わり

 

バンドリュ最高のメガ枠。メガ枠且つ地闘の一貫を切ることができる。

前期とは違い、意地恩返しで採用した。これによって反動を気にせず攻撃が可能になっ

た。

慎重一舞マンダの捨て身の火力指数が58500に対し、意地一舞恩返しの火力指数

は59272で、微々たる差だが捨て身より火力が高い。

しかし、その代償として耐久が下がってしまうため、慎重マンダと意地マンダは好みに

合わせた方を使うといいと思われる。

Sは準速スカガブ抜き、耐久は球バシャのめざ氷を確定耐えと最低限のSと耐久を確保し

た。陽気スカガブは土下座。

選出率は90%を超えた。

                                                                                                                                                                               

 

f:id:sion-poke:20160517214119g:plain

ジバコイル@拘り眼鏡 (アナライズ)

控えめ:175(236)-×-135-200(252)-111(4)-82(12) 余り4

十万ボルト ボルトチェンジ ラスターカノン 目覚めるパワー(氷)

 

マンダと合わせる裏軸の潤滑剤。 

選出誘導から役割まできっちり遂行してくれる神ポケ。

このPTではバンドリュ非選出の際、レボルトが激重だと気づいたのでめざ氷。

バンドリュの天敵であるミトムサーナイトジャローダを屠ってきた。

ボルト受けでも合ったのだが、1900台後半から急に気合球化身ボルトが増え、受けが成

立しなくなったのでチョッキでの採用も検討したのだが、ポリゴン2が倒せない事が判

明したため眼鏡で続投。ボールが当たったらほぼ負けなので、そこらへんが気になる方

はチョッキジバコを採用した方がいいです。Sは4振り60属抜き(ニンフィアなど)。

よくランド対面でボルトチェンジを打ってた。

                                                                                                                                                                               

 

f:id:sion-poke:20160517223647g:plain

キノガッサ@拘りスカーフ (テクニシャン)

陽気:135-182(252)-101(4)-×-80-134(252)

馬鹿力 マッハパンチ 種マシンガン 岩石封じ

 

バンドリュの草枠。カバミトムに勝てる駒。

今期の序盤は意地スカーフを使っていたのだが、鉄壁ドリュには陽気ガッサの方が良い

という話を聞いたので、130属を一だけ上回る陽気スカーフにした。

その結果、選出段階で重いゲッコウガを上から叩け、マニューラの礫を受けず、先制

マッパで倒すという素晴らしい働きをしてくれた。

火力は下がってしまったが、確かに陽気スカーフの方が強かった。

種ガン連続二回は事故。

                                                                                                                                                                               

 

f:id:sion-poke:20160517220401g:plain

スイクンゴツゴツメット (プレッシャー)

図太い:207(252)-x-183(252)-111(4)-135-105

熱湯 冷凍ビーム リフレクター 眠る

 

マンダジバコと相性のいい裏軸のゴツメ枠。

メガバシャのとび膝を二回耐える確立を上げるためにHB。

基本的にマンダで威嚇を撒いてから出していた。

この構築はメガクチートが重いため、熱湯リフレク熱湯の動きでクチートを後続圏内に

入れられるこの枠は非常に助かった。

眠るは回復技というより、状態異常の回復やクレセなどへのTODのために入れたため、

無闇に乱発してはいけない。

                                                                                                                                                                               

 

 

3.戦績

最高レート:2102 

f:id:sion-poke:20160730002333j:plain

最終レート:2005

 f:id:sion-poke:20160721211633j:plain

 使用ROM:シオン

最高レートと最終レートが100ぐらい離れてるって?仕様です。

一応2000台から一回も負けずに2100に行ったのでPTのポテンシャルはあります。

今期は1700~1800台で200戦~300戦して内心諦めてました。

でもガッサとマンダの型を変えただけでするするレートが上がったので、やっぱり環境

によって型を変えるべきだと思いました。

 

4.雑感

(ⅰ)重いポケモン

1.メタグロス・・・バンドリ選出しないとスイクンのリフレクからのジバコ十万でしか倒せない。裏にバンドリが通ってることを祈りましょう。

2.グライオン・・・特殊マンダを使ってないが故の結果。一応恩返しからの種ガンで処理してた。

3.クチート・・・裏軸にブッ刺さりなポケモン。トリルされたら終了なので初手ジバコでポリ2クレセのトリルを阻止すべき。

4.ヘラクロス・・・クチートと同じくトリルエースだが、こっちは冗談抜きに全抜きされる。ただ大体初手ヘラなので初手マンダでうまく釣り出そう。

 

(ⅱ)重い構築

トリル構築、サザングロス、ギャラ入り積みサイクル

 

(ⅲ)立ち回り

1.vs厨パ  バンドリマンダor裏から三体

初手でステロを撒いてガブガル対面で鉄壁

2.vs受けル マンダジバコガッサ

受けルは人によって選出が違うため、僕が当たってきた中で最も勝率の良い選出であるマンダジバコガッサ。初手はマンダでグライオンだったら守るは読めても龍舞はしない方が吉。

 3.vsトリルヘラorクチ マンダジバコスイクンorキノガッサ

ヘラの場合初手マンダでクレセバック読みジバコで詰めていく。

クチートの場合は初手ジバコで、裏に地面がいたらラスカノ、半減でも電気が通っていたらボルチェンでスイクンに回してゴツメで倒す。

どちらも絶対にエースを残させてトリルされてはならない。

 

他にも選出を書きたいがここには収まりきらないため、質問がある場合はTwitterのリプorDMを下されば答えます。

 

5.まとめ

この記事を見てくださりありがとうございました。

ブログタイトルの如く砂パで結果を出せて本当に嬉しかったです。

シーズン17で第六世代のレートが終了という噂もありますが、最後のシーズンにこの記事を見て砂パを使ってみたいという方が増えたら幸いです。

最後になりましたが、この構築に至った砂界隈の方々ありがとうございました。

ではまたORASの終りにて。

 

繰り返しになりますが立ち回りなどの質問がありましたらTwitterのリプかDMで気軽にしてもらって構いません。

→ @sion6586

 

S15使用構築 バンドリマンダジバコガッサスイクン 最高2037

始めまして シオンと申します。

友達に記事書けと言われたので書くことになりました。

つたない部分があると思いますがよろしくお願いします。

1.使用構築

 

2.個体紹介

f:id:sion-poke:20160517195711g:plain

バンギラス@さらさら岩 (砂起こし)

意地っ張り:207(252)-170(4)-130-×-120-113(252)

岩石封じ 馬鹿力 ステルスロック 吠える

 

 構築の起点、砂を撒くだけのお仕事。

岩封+馬鹿力での対ガルーラマンムー性能を強くしたステロ撒き要因。

氷技を切った理由は、対面ガブを突破した後のガルの起点回避のためと、後述のドリュのため。

なんとなく入れた吠えるはボルトゴーリなどに強くなったから良かった。

もうちょっと耐久に回すべきだったと思う。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ ~~~~~~~

 f:id:sion-poke:20160517205059g:plain

ドリュウズ弱点保険 (砂かき)

意地っ張り:187(12)-205(252)-89(68)-×-86(4)-130(172)

地震 岩雪崩 剣の舞 鉄壁

調整はこちらのブログをパクリました。

【第二回真皇杯本戦3位】 双竜革命バンドリ

 

序盤は球ドリュを使ってたが不意ガルに弱すぎたため採用。

間違いなくこの構築のMVP。

対面厨パに積極的に出せ、鉄壁弱保が発動した後の強さは異常だった。

このドリュが最も活躍できるのはステロ+ガブガル死に出しなので、

基本バンギは岩封ステロの動きを徹底した。

上記の動きが決まれば三タテも多かった。

個人的に6世代の砂界隈で一番の発明だと思う。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

f:id:sion-poke:20160517211849g:plain

ボーマンダ@メガ石 (威嚇)

慎重:【メガ前】201(244)-157(12)-101(4)-×-128(132)-135(116)

  【メガ後】 201-167-151-×-139-155

捨て身タックル 地震 竜の舞 羽休め

 

砂パと相性がいいメガ枠として採用。

かなり特殊耐久に回したため、威嚇と合わせてあらゆる攻撃を一回耐える。

その硬さは折り紙つきで、眼鏡ミトムやガルーラですら起点にする。

ステロ+一舞捨て身でほとんどのガルが確定となる。

砂ダメと捨て身でどんどん削れるためHP管理に気をつけること。

選出率100%。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

f:id:sion-poke:20160517214119g:plain

ジバコイル@拘り眼鏡 (アナライズ

控えめ:175(236)-×(固体値0推奨)-136(4)-199(248)-110-82(16)

十万ボルト ボルトチェンジ ラスターカノン めざパ(炎)

 

ヤの民から受け継いだヤバコイル。

バンドリ非選出の際のボルトの受け先。いわゆるマンダジバコ。

有利対面で技打ってるだけで相手のPTが崩壊している。

なぜ頑丈でめざ氷ではないかというと、頑丈が発動する機会が無く、頑丈があることで

生まれる無茶な居座りを抑制するためにアナライズにし、ハッサム、ナットが重かった

ためめざ炎にした。

ゲッコウガが重かったためチョッキでの採用もいいかもしれない。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

f:id:sion-poke:20160517223647g:plain

キノガッサ@拘りスカーフ (テクニシャン)

意地っ張り:136(4)-200(252)-100-×-80-122(252)

種マシンガン 馬鹿力 マッハパンチ 岩石封じ

 

砂の国仕様のガッサ。

初手のガルーラマンムーを倒す役目。

多くの砂パ使いがこれで結果を残しているため警戒も多かったが、それでも速いガッサは強かった。

バンドリとの相性もさることながら、裏軸とも相性が良く、選出率は2位。

ガッサ用に意気揚々と後だししてくるジャロを上からの馬鹿力で倒すのは痛快だった。

他の砂パにも是非組み込んで欲しい一体である。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

f:id:sion-poke:20160517220401g:plain

 スイクンゴツゴツメット (プレッシャー)

図太い:205(236)-×(固体値0推奨)-165(116)-127(132)-136(4)-108(20)

熱湯 冷凍ビーム リフレクター 眠る

 

ゴツメ枠。ラティハッサムでの個体を流用。

身代わりガルに殺意が沸いたためC降り、4振りヒトム抜きまでSを振ったが、現環境

で身代わりガルなどおらず、ヒトムも臆病や穏やかの増加、またガッサの増加などの影

響で、こいついたの?ってぐらい選出しなかった。

しかしマンダと組み合わせたときは、マンダをリフレクで耐久を底上げし、サポートし

てくれたので完全なお荷物ではなかった。

変えるとしたらここ。

 

3.まとめ

【選出】

バンドリ+マンダorガッサ・・・①

マンダジバコ+ガッサorスイクン・・・②

これしか出さない。

基本的に

対面厨パには①

マンマン、ポリクチ、ヘラクレセ・・・②

 

【戦績】

 f:id:sion-poke:20160517222536j:plain

 前半は別のPTを動かしていたので実質の対戦回数は300戦ぐらい。

酷い勝率なので、シーズン16では勝率をもっと上げたい。

【シーズン15雑感】

ドリュにアイへが無いためランド、サザンの対策を明確にすべき。

バンドリ未選出の際のゲッコウガ、ガッサの対策。特にガッサは増加傾向。

対面厨パに鉄壁弱保は刺さる。

個人的にボルトゴーリやピクシーなどのPTが減ったと思う。

【最後に】

最後にこの記事を閲覧していただきありがとうございました。

初めて書いたので、悪い箇所も見受けられると思いますが許してください><。

ではシーズン16もがんばりましょう!